NEWS / PR

お知らせ

住まいづくりに役立つ『LIFE DESIGN NOTE』家事ラク特集

プレスリリース

2021.07.08

住まいづくりに役立つ『LIFE DESIGN NOTE』家事ラク特集

オープンハウス・アーキテクトは、住まいのお悩み・ニーズに応えたプランや商材をまとめた『LIFE DESIGN NOTE (ライフデザインノート)』を企画作成しており、「家事ラク特集」を発行いたしました。こちらはオープンハウス・アーキテクトの各店で配布しています。

これからの「家事ラク」スタイルを提案

コロナ禍をきっかけに在宅時間の増加や生活が変わり、家事にもあらゆる変化が起きています。オープンハウス・アーキテクトではこうした変化に着目し、家事に関する様々なお困りごとやご要望を踏まえ、家事のしやすい間取りや設備など研究してまいりました。

調査から見えた「家事スタイル」の変化

約半数の世帯で、家事時間が増加していることが分かりました。増加した時間は 1 時間程度が12.9 %、1 時間 ~ 3 時間程度が 22.8 %、3 時間以上が 7.6% となっています。また、家事時間が増加する一方、約 8 割の世帯で家事時間・負担を減らしたいと考えていることが分かりました。 最も作業時間・負担の多い家事は「料理」「掃除」「洗濯」の順でした。新型コロナウイルス流行以降に対しても、衣・食・住を支える基本家事をより効率化させることが重要です。

在宅時間が増える中、家族みんなが使いやすく、家事参加・分担しやすいキッチン空間をご提案

ワークスタイルの変化で在宅時間が増える中、料理の回数や、食材のまとめ買いも多くなりました。

オンラインショッピングの活用が増え、購入した荷物が置ける「充実パントリー」「LDクローク」

オンライン会議など、周りの音が気になってしまうようなシゴトの多い方におすすめ。

完全な別室を設けずに、ゆるやかに家具や収納などで空間を仕切るセミオープンスタイル

花粉やアレルギー対策などによる室内物干しのニーズや、共働き世帯を中心に洗濯スタイルが多様化しています。時間や天候にとらわれず、衣類の洗濯から収納まで一連の家事が完結できるランドリー専用スペースをご提案します。

帰宅動線上に手洗いや収納場所をまとめ、家族の安心と快適な暮らしを両立する空間をご提案

帰宅時すぐの手洗い・うがいや玄関での着脱・収納で外出時の持ち物を部屋に持ち込まないなどの衛生意識が高まっています。帰宅動線上に手洗いや収納場所をまとめ、家族の安心と快適な暮らしを両立する空間をご提案します。

プレスリリース https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000050626.html