NEWS / PR

お知らせ

2022年度『安全大会』開催のご報告

トピックス

2022.07.12

2022年度『安全大会』開催のご報告

オープンハウス・アーキテクトは、2022年6月22日なかのZERO にて「安全大会」を開催いたしました。7月からの全国安全週間を前に、現場の安全意識向上を目的として、関東の木造施工パートナー様および当社社員の約790名が、参加しました。

当社は、全ての施工業者様・施工監督が安心して働けるよう、労働災害ゼロの現場づくりを目指しております。今回の安全大会は、オープンハウス・アーキテクトにおける 2022 年度安全スローガン「危険箇所、気付く目、探す目、感じる目!即対策でゼロ災現場」の下で開催いたしました。

安全大会の冒頭では、OHA会の理事長を務める(有)高岡工業 代表取締役・高岡 幸博 様よりご挨拶をいただきました。「今回の安全大会は 3 年ぶりの開催。開催の趣旨を理解し、周りの方へも本日のお話をしっかりとお伝えいただきたい」と告げられました。

続いて、当社カスタマーサポート部 部長 黒澤 重実より、今年 4 月からスタートした安全巡回・指導強化について進捗報告がありました。「皆様のご協力のおかげで、不安全行動の件数は 3 ヵ月間で 2 割減となった。労災ゼロの安全な現場と高品質な住宅を皆様と共に作っていきたい」と更なる改善への思いを述べました。

当社では安全専門部隊「セーフティー」を筆頭に、現場の安全改善への取り組みを行っております。セーフティーメンバーより、作業での不安全行動による危険性と具体的な安全対策を紹介し「開口部を塞ぎ、ヘルメット・墜落制止用器具の着用を厳守していただきたい」と、最も危険と言われている『墜転落事故』の防止を強調しました。

続けて、当社常務執行役員 松丸 和好から、関東の木造住宅建築請負の業績報告を行いました。「今期の事業目標達成に向けてより強い安全意識を持ち、共に励んでいただきたい」と呼び掛けました。

安全表彰では、現場安全に注力いただいた 7 名のパートナー様が表彰されました。

お名前
工種
松本 健一 様
大工
髙野 竜太郎 様
大工
㈱ 千翔 様
足場
㈲ 玖珠興業 様
屋根板金
㈱ 和光電機 様
電気
㈲ 増子水道工事店 様
給排水
㈲ 志村技研 様
サイディング

大工 松本 健一 様より

「約 40 年以上大工を続けてきました。現場経験が長いと、慣れて油断してしまいがちですが、気を引き締めて日頃から安全を心がけています。特に、重篤災害に繋がりやすい墜転落防止のために、足場確認へ気を配っています。今後も初心を忘れず、安全第一で精進してまいります。」

最後に、参加者全員での安全唱和が行われました。現場で気を付けるべき 6 つのテーマを読み上げて、危険予知・安全意識を強化しました。

安全大会を終えて

OHA会 理事長 高岡 幸博 様より

「3 年ぶりの安全大会で、以前よりも参加者が真剣に耳を傾けていたことが印象的でした。これを機に、より多くの方に安全・現場美化に努めていただきたいです。一人ひとりの安全意識の高まりが、不安全行動・労災ゼロへ繋がっていくと思います。」

オープンハウス・アーキテクト 常務執行役員 松丸 和好 より

「今期は既に先期を上回る労働災害が発生しており、危機感を覚えています。今回の安全大会開催を機に安全意識を高めて、何としても今期残り 3 ヵ月余を労災ゼロで締めくくってまいりましょう。」

オープンハウス・アーキテクトは、当社の建築に携わるすべての皆様の健康と安全を守るため、今後もより良い現場づくりと安全指導に努めてまいります。当日のイベントへご参加いただいた皆様へ、改めてご協力の御礼を申し上げます。