自分に自信を持てるようになりました。

誰かを蹴落とすのではなく、
誰かの目標に情熱を持つ。
それが、OHAらしい
実力主義なんです。

新卒採用担当 主任職 2019年新人賞

加藤 暁子 Akiko Kato

新卒2019年入社  

実力主義を求めて、IT業界・ベンチャー企業を志望。そしてOHAへ。

就職活動の軸は、会社規模と実力主義かどうか。IT業界・ベンチャー企業を中心に探していました。学生時代に大きな目標達成を経験したことがなく、自分を変えることができる環境を探していたんです。OHAはまさに自分のやる気次第で成長できる、自分を変えられる社風だと知りました。また、お会いする方々の人柄の良さ、面接での真摯に向き合ってくださるその姿に惹かれて、入社を希望しました。ここで自分を変えたい、強くそう思うようになりました。

入社して1年半、施工管理を経験して、今は採用担当として学生の皆さんと面接で話したり、説明会やインターンシップ、内定者研修の企画・実施をしています。自分が採用に関わったメンバーが活躍する姿を見ることが、とてもやりがいになっています。

女性の施工管理のチームをつくる。業界の常識を壊したい。

施工管理の仕事から採用の仕事に異動となったとき、最初はとまどいもありました。でも今は採用の仕事でOHAの魅力を言語化・発信する機会が増えたことで、会社がより好きになりました。会社の根本の考え方や経営方針を深く知ることができること、会社を動かしている実感もあります。今では、将来的に会社の経営に関わっていきたいという気持ちが強いです。

女性の従業員はどんどん増えていますが、もっと女性が活躍する機会をつくれないかと考えています。例えば女性の施工管理のチームを作りたい。そういう業界のイメージをいい意味で壊していくような仕掛けに取り組んでいきたいですね。実力主義と聞くと、誰かを蹴落とすような意味にも聞こえるかもしれませんが、OHAは競争しながら誰かの目標に情熱を持つことができる。この会社ならではの魅力だと信じています。

>