OPEN HOUSE Architect OPEN HOUSE Architect
お問い合わせ

おうち時間が充実する
家事動線の住まい

ハイサイドライトで自然光がたっぷり届く

爽やかな風と日当たりが
心地よい、くつろぎのLDK

息子さんが生まれたため、1LDK のアパートから引っ越しを検討されたH様ご家族。

新たな住まいづくりでは、家族のつながりを特に意識されたそうです。

家族が自然と集まるリビング

「キッチンからリビングへと、子どもに目が届く間取りがお気に入りです。LDK を広くすることで、自然と家族が集まれる場所になりました。」

また、窓にもこだわり、あたたかなリビングが完成しました。

「日当たりや風通しにこだわりました。当初は一階リビングを検討していましたが、二階リビングを採用したことで旗竿地でも日がよく入ります。また、天井高を活かしてロフトを付けました。ロフト分は床面積にカウントされないので、3 階建てにするよりも低コストでスペースを広げることができました。」

明るく閉塞感のないロフト。これだけ広いといろいろ活用できそう

家事が便利になる、ひとさじの工夫

住まいでの心地よさはもちろん、家事動線にも重点を置かれています。

「家事動線が便利になるような間取りを心がけました。例えばキッチンは家族みんなが使いやすいように、低い位置での収納設計になっています。キッチンの通路幅を広げた工夫も良かったです。息子も、私たちの隣で楽しく料理の手伝いをしてくれています。」

キッチンとダイニングテーブルが繋がり、料理の運びもカンタンに
低めの棚収納で、重い食器も取り出しやすく
広めのキッチン通路幅で、ゆったりとゆとりのあるキッチンに
洗面室の奥の扉を開けるとユーティリティスペースに
腰の高さのカウンターで家事の作業効率もアップ

たくさんの思いとこだわりが詰まった住まい

細かなこだわりまで妥協せず、それらを叶えられたことによって満足につながっているようです。

「屋根の出っ張りやキッチンカウンターの大きさについて、センチ単位で細かく何度も修正しました。担当の方も細やかに要望に応えてくれて、安心しました。」

外観の細部までこだわりお気に入りの住まいに
ベビーカーも入る広いサイズの玄関収納
やわらかな光が注ぐ明るい洗面台

H様夫婦は、コロナ禍での家づくりを経験されました。緊張や不安の中、こんな出来事が印象に残ったそうです。

「息子が新居近くの保育園へ入園しました。夫婦ともに仕事があるため預けなければならず、気を遣いながら電車で送り迎えをしていました。その状況で、監督が工期を早めてくれたり、外構などが終わる前に住めるように手配をしてくれたり、心づかいに感動しました。」

新居に住めるようになり、安心も手に入れられました。これから、たくさんの家族の思い出がつくられていくことを願っております。

■建物概要

所在地:神奈川県川崎市
竣工年月:2020年5月
敷地面積:110.55㎡
延床面積:102.05㎡(30.80坪)

■家族構成

ご夫婦、お子様1人