OPEN HOUSE Architect OPEN HOUSE Architect
お問い合わせ

「借景」を
愉しむ住まい

風景を愉しむ大きな窓が特徴のリビング

自然を五感で感じるリビング

結婚を機に、家づくりをはじめたK様ご夫妻。マンション暮らしを経て、二人の理想の住まいを形にしていきました。

「当時住んでいたマンションは、部屋が北向きでした。寒さや暗さが気になっていたので、あたたかな雰囲気の住まいを目指しました。また、土地の隣が公園だったため、窓から綺麗な景色が愉しめるだろうというイメージが浮かび、『借景』を家づくりの大きなテーマにしました。」

採光と空間の工夫

一級建築士の資格をお持ちのご主人様。打ち合わせの初日、念入りに家づくりのコンセプトやイメージを設計担当に伝えました。

「特にこだわったのは採光です。夏はなるべく間接光を取り入れ、冬は部屋の中央に日差しがくるように窓の高さと大きさを調整しました。」

空間を広く見せるためにも、勾配天井を取り入れています。天井近くの高い窓は採光だけでなく、快適に過ごすための空気の良好な循環をつくるのにも役立っているそうです。

また、リビングへのこだわりは造り付けの家具やベンチにも表れています。視線がすっきりするように色味や高さを揃えています。

陽が昇ってから沈むまであらゆる方向で光が取り込まれる
ベンチと棚の高さが平行になっている繊細なこだわりも
壁一面の本棚で趣味に没頭できる

手頃な価格で理想が叶う家づくりを実現

オープンハウス・ディベロップメントでの土地購入をきっかけに、オープンハウス・アーキテクトに建築を依頼いただきました。

「23 区という好立地でありながら、リーズナブルに家づくりをすることができたのはとても満足度が高いです。私たちのわがままも細部に渡って聞いて、希望どおりに叶えてくださいました。」

スケルトン階段はご夫婦たっての希望
勾配天井の間接照明は印象的なアクセントに

アイデアを聞き入れるだけでなく、積極的な提案も嬉しかったといいます。担当インテリアコーディネーターが勧めた間接照明もお気に入りだそうです。

「オープンハウス・アーキテクトさんの標準仕様の品質が高かったので、それを最大限に活かしながら、自分たちが本当にこだわりたいポイントへお金をかけることができました。間取りやアイデア次第で、ローコストでも理想の家づくりは可能だと思います。」

寝室は将来子ども部屋に利用することも考えて、ドアやコンセント・照明を2つずつ設けた
トイレは遊び心を取り入れるため可愛らしいテイストに

こだわりの住まいについて語りながら、目を輝かせて幸せな表情を浮かべていたご夫婦。家づくりに対して大変深く真剣に学ばれており、アイデアや思いを真っ直ぐに伝えていただきました。借景リビングがこれからの暮らしをより豊かに彩ってくれることを願っております。

■建物概要

所在地:東京都板橋区
竣工年月:2020年2月
延床面積:76.42㎡(23.06坪)

■家族構成

ご夫婦