「親子で学ぶ歴史&料理教室」+「頭のよい子が育つ家VR体験」開催レポート

2017年04月24日

去る4月23日、オープンハウス・アーキテクト オークラランド展示場にて、「親子で学ぶ歴史&料理教室」+「頭のよい子が育つ家VR体験」を開催いたしました。
当日は、前日とはうって変わった良い天気の中、12組24名のご家族にご参加いただきました。

今回第一部で開催させていただいた「親子で学ぶ歴史&料理教室」は、「頭のよい子が育つ家」著者の四十万 靖氏が代表理事を務める一般社団法人 四十万未来研究所が企画し、これまでにも様々な場所で開催実績のある教室で、その内容は、歴史上の人物の「○○○」をテーマに子供たちに楽しくお勉強してもらい、その後課題に取り組んでもらう事で、これから必要とされる「頭のよい子」 = 「コミュニケーション能力に優れた子」の育て方を体験していただこうというものです。

今回の歴史上の人物は山本五十六。テーマは「常在戦場」。
お子様方に「自分にとっての常在戦場」を書いて発表してもらいました。
その後は、山本五十六にちなんだカレーライスと水まんじゅうをみんなで味わっていただきました。
あまり聞いた事がない水まんじゅうですが、これは、そういったまんじゅうがあるのではなく、塩小豆を使った酒まんじゅうに砂糖と水をかけて食べるというもので、山本五十六の好物だったようです。
この食べ方「美味しい~!」と思う人と「まずい!」と思う人に分かれるようですが、食べた方々の感想はどうだったのでしょうか?

第二部の「頭のよい子が育つ家VR体験」は、オープンハウス・アーキテクトが今年9月以降にオープンする予定の「第2世代 頭のよい子が育つ家」を、福井コンピュータアーキテクト様のご協力でVR体験していただけるというもの。「日本PTA全国協議会が選ぶ子どもに見せたくない番組」常連の某TVアニメ番組の家と比較体験できるようになっており、「頭のよい子が育つ家」とはどのような違いがあるかを皆様に体験いただきました。

当社ではこれからの「頭のよい子が育つ家」を一人でも多くのお客様へご提供できるよう取り組んでまいります。本イベントにご参加いただいた皆様方、企画・運営の両面でご協力いただきましたメンバーの皆様、誠にありがとうございました。