時代に抗いながら、業界NO.1へ。

大手ハウスメーカーから
急成長のOHAへ。
右肩上がりの会社で、
自分を試してみたい。

設計 課長職

清水 誠太郎 Seitaro Shimizu

2020年入社  

刺激のある場所、勢いのある環境へ。

前職は大手ハウスメーカーで設計や営業を経験しました。22年勤務し、役職は主任職でしたが、大手でポジションも埋まっており、その先のキャリアがイメージできませんでした。そこで、環境を変えようと転職を決意。自身の更なる成長のために、刺激のある場所に身を置きたい、勢いのある会社で働きたいと考える中で、オープンハウス・アーキテクトに出会いました。

オープンハウス・アーキテクトの右肩上がりの成長を知り、ここで自分がどこまでいけるか試してみたい!そう思いました。会社が急拡大していて、未経験者も多い組織です。そうした背景から、未経験者に加えて、経験者も求められていることに入社後に気づきました。

都心は土地が狭いので、難易度の高いパズルのよう。

仕事のやりがいは、やっぱりプランの提案が受け入れられた時ですね。販売する土地の魅力を可視化して、間取り・部屋数・収納などを設計していきます。都心は法律が厳しく、土地が狭いので、難易度の高いパズルのようなものです。難しい問題と向き合いながらも、お客様の期待を超えるプラン提案ができた時は大きい達成感が得られます。
そんな刺激的な毎日で、会社の成長だけでなく、自分の成長も感じることができています。

一緒に仕事をする営業職メンバーの中には、年齢がひと回り以上違うメンバーもいます。プラン作成を通じて、彼らの成果にいかに結びつけられるかも意識しています。チームのためにも、会社のためにも、他にもやるべきことは山ほどあります。少子化で人口減少が進行する日本の市況にいかに抗うか。自分自身のスキル向上は不可欠で、都会の需要に負けないスピードでレベルアップしていきたいです。まだまだ成長の余白があることが嬉しいですね。

>