現場の少数精鋭ワンチーム感が好き。

圧倒的に成長している会社の
圧倒的に成長している事業で
自分をどこまで伸ばせるか
試してみたい。

RC施工管理

飯島 可菜美 Kanami Iijima

2021年入社  

いつか頼られる存在になれるよう、日々猛勉強。

前職では2年ほど中途採用エージェントを経験しました。もともと大学時代に建築の勉強をしていて、いつか総合建築の仕事をやってみたかったんです。転職活動を行う中で、オープンハウス・アーキテクトは圧倒的な成長を遂げている会社であり、総合建築分野に特に注力していると聞き、自分もここで圧倒的に成長してみたいと思い応募しました。圧倒的に成長している会社の、圧倒的に伸びている事業で、自分をどこまで伸ばせるか試したかったんです。

現在は、RCマンションの施工監督として、主に工事の進捗管理や工程表の作成などプロジェクトマネジメントの仕事を任せてもらっています。建物はダイナミックですが、緻密な仕事の積み重ねでできているので、いい意味でギャップを感じながら仕事に向き合っています。いつか職人さんや協力会社さんに頼られる存在になれるよう、日々猛勉強を重ねつつ、監督業務に取り組んでいます。

泥まみれでメイクも落ちるけど、達成感がすごいんです。

業界全体を見渡しても、マンション・総合建築の女性の施工管理はまだまだ少ないですが、先輩や職人さんは気にせずにフラットに接してくれます。現場では、「ワンチームになって、ともに良いものを作りあげよう!」という雰囲気があり、とても一体感があります。こういう環境に身を置いて働いてみたかったんだなと、転職して改めて感じました。

できないことだらけで、もどかしさを感じることもあります。1年目だろうと未経験だろうと、周りからはプロとして扱われます。失敗することもありますが、大事なことはなぜ失敗したのか、原因を深掘りすること。土工事の立ち会いで泥まみれになってメイクが落ちることもあります(笑)。だけど建物ができていくプロセスを間近で体感できることは、とても感動的で、達成感でいっぱいです。建築施工管理技士2級、さらには1級を取得し、圧倒的な成長を果たせるよう頑張っていきます!

>