切磋琢磨できる環境がいい!

誰かの人生に
影響を与える商材を求めて。
チームワークを最大化し、
圧倒的な成果を出す。

営業

須田 格 Itaru Suda

2018年入社  

シンプルに、もっと稼ぎたくて転職を決意。

前職は映画のプロモーション会社で働いていましたが、大きく3つの理由があって転職活動に踏み出しました。1つめは、シンプルにもっと稼ぎたかったから。2つめは、カタチのあるものを商材にしたかったから。3つめは、法人営業に挑戦したかったからです。色々な業界や商材を調べる中で、購入されるお客様の人生に大きなインパクトを与える「家」に携わりたいと思いました。いくつかの会社の面接を受けましたが、日高社長の熱量に圧倒されてオープンハウス・アーキテクトへの入社を決めました。

入社1年目は、商品知識を覚えながら、建築請負の新規開拓営業を行いました。見積もり作成、物件の打ち合わせ、お客様へのプレゼンテーションなど、最初は右も左も分からない中でのスタートでしたので、とにかく必死でした(笑)。専門知識も必要とする仕事ですが、それ以上に、お客様やパートナーの皆様とチームになって仕事をすることがすごく大事だと気づけた1年でもありました。

やればやるだけ、得られるものも大きい。

営業職ですが、図面を描いて提案の幅を拡げることも、自分自身の成長テーマとして取り組んでいます。とあるプロジェクトで、自分が描いた図面を気に入ってもらい、お客様に喜んでいただけました。その時感じた達成感から、やればやるだけ得られるものが大きいとわかりました。圧倒的な成果を出せば、給与とやりがいという形で跳ね返ってきます。まさに求めていた働き方が、オープンハウス・アーキテクトで実現できています。

オープンハウス・アーキテクトはビジネスモデルが強固で、とにかく商材が強いことが特徴のひとつです。営業にとっては最強の武器になるし、これほどの追い風はないので、とてもありがたいですね。あとは自信を持ってお客様に提案すればいいわけですから。大事なのは、施工監督やお客様と同じ想いを持って仕事ができるかどうかです。契約後の動き方次第でリピートにつながるかどうかも変わるので、当社の営業は契約して終わりではなく、スタートです。 だから私は、一人ひとりのお客様との絆を大事にして、より大きな成果とやりがいを目指していきます。

>