耐震工法

建物の躯体を筋交いや補強金物等を用いて強化し、
地震の揺れに耐える構造を目指しています。

オープンハウス・アーキテクトの家は、基本仕様で耐久性の高い丈夫な構造になっています。
家の土台をしっかり支えるベタ基礎、歪みも少なく強固なエンジニアウッドを使用し、
オリジナルパネルと木造在来工法を組み合わせたAPP工法を採用。
水周りや建具にも耐震を配慮したものを採用し、もしものときの備えとしています。

耐震構造

地震につよい耐震工法

土台をしっかり支える基礎

オープンハウス・アーキテクトでは構造的にも強く、不同沈下に対して効果的なベタ基礎を採用。
その上には換気性能に優れたキソパッキンを施工し、土台を組むことで、性能を劣化させることなく、土台の腐れを防いで住宅の耐久度を高めます。

家を永く支える強固な基礎

揺れに強いAPP工法(パネル工法)

オープンハウス・アーキテクトが採用しているAPP工法は、在来構造(木造軸組み工法)にオリジナルの断熱パネルを組み合わせ、地震や台風などで受ける建物への負担を柱だけではなく建物全体でカバーします。(仕様によります)

面で力を受けとめ建物全体で負担をカバー オープンハウス・アーキテクトのパネル工法

強固なエンジニアリングウッドの躯体

「エンジニアリングウッド」は、いわゆる集成材のことです。複数の乾燥木材を張り合わせ、無垢材が持つ、反りやすい、狂いが生じる、割れやすい、乾燥させにくいという問題点を解消し、無垢材の1.2~1.5倍の強度を持たせることができます。

エンジニアリングウッドについて

高強度の接合部を実現する金物工法

これまでの金物は、金物をボルトで木材に固定してきましたが、TWISTECはその常識を「金物をひねる」ことで覆します。横架材同士の接合には、金物のシングル羽を「ひねる」ことで対応。そこにドリフトピンを打ち込むだけで緊結されるこの工法は、真壁工法でも美しく仕上げることが可能となりました。

高耐震、高耐久の金物工法

最も地震に強い「耐震等級3」で設計(オプション)

住宅の耐震性を高めるポイントは、壁・床・基礎の強化です。建築基準法では、壁の量・床の補強・基礎配筋等の仕様において、家の形状や大きさに関わらず一定の基準を満たせばよいという項目が多く、きめ細やかな補強策が取られていません。
それに対し「耐震等級3」の家は、家の形状や大きさに応じて強度の不足を算出し、しっかりとした補強を行うため、開放的な空間であっても安心できる地震に強い家を実現できます。耐震性は3つのランクがありますが、耐震等級3は、消防署や警察署等の防災拠点となる「倒れてはいけない建物」の基準に相当します。
オープンハウス・アーキテクトは、この最も地震に強い「耐震等級3」の設計に対応しています。
(お客様のご希望プランにより耐震等級3が取れない場合があります。)

壁が強い

壁が強い

床が強い

床が強い

基礎が強い

基礎が強い

チェックが違うから強い

チェック項目 配置バランス 各階壁量 基礎の強さ 接合部強度 床面強度 横架材強度
建築基準法 × × × ×
耐震等級3

第三者の構造チェックで確かな品質を提供

「耐震等級3」を実現する為に、設計検査体制を設定、実施します。
お客様には設計検査報告書をお渡ししています。

第三者の構造チェックで確かな品質を提供

万が一のときにも10年間の「耐震保証付」

もしもの時に、ご家族と財産を守る安心の家づくりのために、第三者の(株)LIXILが最大2,000万円の保証を付与します。
保証金額:建物本体価格1/2 ※照明・屋外給排水・エアコン等の工事を除外
保証料金:メーカー保証で無償 第三者がしっかりチェックした証で保証します。