制震工法

地震の揺れを吸収する「制震構造」

制震構造とは、建物の振動をダンパー等の制振装置で吸収し、地震の揺れを軽減する機構を組み込んだ構造の事です。

制震工法

最先端テクノロジーに裏付けられた制振システム

オープンハウス・アーキテクトでは、オプションとして建物の揺れを最大で60%軽減する制振ダンパー「Curio(キュリオ)」をご用意しております。

繰り返す揺れに何度でも耐え続けるCuiro。設置する数量・配置などに細心の注意を払って設計することで費用対効果の高い製品力を発揮します。

振動エネルギーを熱エネルギーに変換して吸収!!

Curioは建物の壁の中に設置する制振装置です。
建物の柱とCuiroとの接合部分は地震の揺れを吸収するダンパーといわれる構造となっています。
ここに建物の揺れが伝わり、ダンパーに複層で組み込まれた粘弾性体が動くことによって、地震エネルギーを熱エネルギーに変換・吸収し揺れにブレーキがかかる仕組みです。
地震の運動エネルギーを熱エネルギーに変換する技術は、自動車を停める際のブレーキと同様の考え方によるものです。
Curioの粘弾性ダンパーであるイソブチレン系エストラマーは耐久性に優れており、繰り返しの地震の揺れにも対応可能です。
また、亜鉛メッキ処理の上にカチオン電着塗装を施すことによって、防錆対策も万全です。

大地震を想定した振動実験を実施