オープンハウス・アーキテクトの技術と実績が支える
安心して永く住める住まい

大事に住める強固な住宅・全ての人が快適に過ごせる住まいを

永く家を支える強固な基礎

オープンハウス・アーキテクトでは構造的にも強く、不同沈下に対して効果的なベタ基礎を採用しています。
その上に換気性能に優れたキソパッキンを施工し、土台を組んでいきます。

ベタ基礎の構造

従来の工法に比べ、1.5~2倍の換気性能を持つこの工法は、床下にこもりやすい湿気を廃湿し、適度な乾燥を維持します。
換気によって湿度を最低限に抑えた床下で、床下断熱材は性能を劣化させることもなく、土台の腐れを防いで住宅の耐久度を高めます。

基礎構造比較

従来の工法
従来の工法
  • 基礎に換気開口部を設けるのに上端筋を切断するため、耐力が低下。地震に弱く、クラック(ひび割れ)を引き起こしやすい
  • 基礎と土台が密着して接しているために、その部分に湿気が溜まって土台の腐れの原因を作る。
オープンハウス・アーキテクト採用工法
オープンハウス・アーキテクト採用工法
  • 基礎と土台の間が換気口なので、上端筋の切断は必要なく、無駄な力のロスのない頑丈な基礎。
  • 基礎と土台の間がキソパッキンによって離れているので、換気もよく腐れを引き起こしにくい。

不同沈下
建物が同一に沈下せず、ある面が著しく沈下を起こすなどして不均等に沈むこと。
地耐力の不足、地盤の不均一性、偏加重などが主な原因。不同沈下がある場合、一定量を超えると建物の基礎、壁、梁にひびが入ったり、ドアや建具の開閉不具合、建物の傾斜などの問題が起きることがあります。
建物が全体的に傾斜する傾斜角タイプと部分的に傾斜する変形角タイプに分けられ、傾斜角タイプでは建物にはほとんど被害が出ないが住人がめまいを覚えるなどの健康被害が発生する恐れもあります。
変形角タイプは、建物の部分的な変形によりさまざまな場所に亀裂や歪みが発生し、建物自体の問題が発生します。実際の不同沈下はこの二つのパターンが複合した形で発生することが多いと言われています。

エンジニアリングウッドの躯体

「エンジニアリングウッド」は、いわゆる集成材のことです。複数の乾燥木材を張り合わせ、無垢材が持つ、反りやすい、狂いが生じる、
割れやすい、乾燥させにくいという問題点を解消し、無垢材の1.2から1.5倍の強度を持たせることができます。

エンジニアリングウッドの特徴

耐火性
木材は燃えますが、断面が大きくなると表面は焦げて炭火層ができ、酸素の供給が絶たれて燃えにくくなり、1000℃以上になっても必要強度は保たれます。
建築基準法令でも集成材の防火性能は認められております。
エコ
集成材は幅や長さを仕様に合わせて調整でき、自由なデザインを実現させます。また、必要なサイズに加工いたしますので、現場で無駄なゴミが発生しません。
工期の短縮にも繋がり地球環境に優しい建材ともいえます。

APP工法の優れた耐久性

オープンハウス・アーキテクトが採用しているAPP工法は、在来構造(木造軸組み工法)にオリジナルの断熱パネルを組み合わせ、 地震や台風などで受ける建物への負担を柱だけではなく建物全体でカバーします。

ユニバーサルデザイン

オープンハウス・アーキテクトでは全ての方が永く快適に暮らせる住まいを目指し、水周りや建具、扉や窓などユニバーサルデザインに配慮したものを採用しています。
階段には手すりをつけ、部屋と廊下の段差をなくすなど安全性にも配慮。勿論、自由設計の注文住宅ですから、お客様の家族構成とご希望にあわせ、何年かあとのことも考えたプランをご提案させていただきます。

アフターメンテナンス

引渡し時にお渡しする書類の内容を読んでのご不明点や、お住まいのお手入れの仕方についてのアドバイス、そのほかにも様々な問題が起こったときにはアフターメンテナンス部までご連絡ください。
常駐している専属スタッフが即時対応させていただきます。
お客様からいただいた問題点などは、大切な改善材料として社内でデータ化し、サービスと品質の向上を目指して活用させていただきます。
オープンハウス・アーキテクトはお引渡し後もお客さまが安心して暮らしていただけるよう誠意をもって対応させていただきます。