人にやさしい住まいは、
機能と品質を重視した環境作りから。

建物は人間の第三の皮膚、身体にやさしい住環境で健康な毎日を

身体を蝕むシックハウス症候群

新築やリフォーム住宅、長く空き家にしていた住宅に入ると、目がチカチカする、喉が痛い、眩暈や吐き気、頭痛がするなどの症状が起こることがあります。
また、子供に限らず成人でも、アトピー性皮膚炎のような症状が見られたり、喘息のような症状が起こるというケースも報告されています。
このような現状を「シックハウス症候群」といい、その原因の一部は建材や家具、日用品から発生するホルムアルデヒドやVOCなどの揮発性有機化合物と考えられています。

化学物質による室内空気汚染

国土交通省によって特定測定物質に指定されているVOCの名称と用途

名称 用途
ホルムアルデヒド 合板などの接着剤、防腐剤、合成樹皮原料
トルエン 接着剤や塗料の溶剤(シンナー)、化粧品
キシレン 接着剤や塗料の溶剤(シンナー)、殺虫剤
エチルベンダン 接着剤や塗料の溶剤(シンナー)、インキ
スチレン 合成樹脂原料、塗料、断熱材(発泡スチロール)

VOC(Volatile Origanic Compounds)
常温上圧で空気中へ容易に揮発する物質。大気中に放出されると光化学反応によって、
オキシダント(光化学スモック)やSPM(浮遊粒子状物質/大気汚染物質)の発生に関与していると考えられます。
一部は臭気や有害性をもち、シックハウス症候群の原因になることがあります。
【代表的なVOC】 トルエン、キシレン、酢酸エチルなど

シックハウス症候群の主な発生要因
  • 住宅に使用されている建材や家具、日用品などから様々な化学物質が発散
  • 住宅の気密性の向上
  • 生活の変化による換気不足
主な対策として推奨されていること
  • 建材や家具、日用品などから発散する化学物質を減らす、使用しない。
  • 換気設備をつけて室内の空気をきれいにするということが推奨されています。

VOCゼロを目指して

私たちオープンハウス・アーキテクトでは国で定められた「シックハウス対策のための規制導入改正建築基準法」に添った、ホルムアルデヒドの発散が最も低いF☆☆☆☆(フォースター)等級の建材を使用しています。 家具や防虫剤、化粧品、化粧品、タバコ、ストーブなどから化学物質が発生した場合のためにも、24時間換気システムによる室内の空気循環によって常に家中の空気を循環、換気し身体への害を最低限に防ぎます。

オープンハウス・アーキテクトのVOC対策イメージ