低炭素化社会へ向けて、
次世代省エネルギー基準とは

「次世代省エネルギー基準(平成11年省エネルギー基準)」は、日本の住宅の省エネルギー性を高めるために、断熱や気密、冷暖房に関する基準を定めたものです。
(「住宅に係る建築主等および特定建築物の所有者の判断基準」と「設計、施行及び維持保全の指針」の2つからなります)。
この基準は昭和55年に初めて定められ、平成4年に一度改正されましたが、21世紀の住まいづくりに照準を合わせて平成11年に全面的に改正されました。あなたの住まいがいつ建てられた住宅なのか?によって、ある程度住まいの省エネ度を知る目安にすることができます。
オープンハウス・アーキテクトでは、お客様のご要望に応じて、次世代省エネルギー基準に対応したご提案をしています。

次世代省エネルギー基準の住まいは、
高断熱・高気密。

次世代省エネルギー基準には、断熱性や気密性の目安が基準値として示されています。
断熱性を示すのが「熱損失係数(Q値:キューチ)」で、気密性を示すのが「相当すき間面積(C値:シーチ)」です。
熱損失係数(Q値)は、住まいの断熱性能を示す値で、取り込んだエネルギーをいかに失わないかを表した数値です。
具体的には室内外の温度差が1℃のとき、家全体から1時間に床面積1m2あたりに逃げ出す熱量のことを示します。
Q値が小さければ小さいほど、住宅の断熱性が高い家ということになります。
たとえば冬に、寒くなった部屋を暖房であたためても暖房を止めるとすぐにまた寒くなるならば、「Q値」が大きく熱が出入りしやすいということを示しています。
地域によって気候条件が異なるため、Q値の基準値も地域によって異なります。ちなみに首都圏の大部分の地域では基準値は2.7 W/m2Kに設定されています。

相当すき間面積(C値)は、家のすき間を測定して、すき間の面積を床面積で割った値のこと。
すき間の測定方法を簡単に紹介しましょう。換気口など計画的にあけた穴を全部ふさぎ、室内の空気を送風機で強制的に外に出します。
この時に生じる気圧差と風量でC値が分かります。

次世代省エネルギー基準の地域区分